HOME>トピックス>80歳までに20本の歯を残せるようにしよう

目次

こんな状況になっている

最近、歯の調子が悪いという場合には歯医者さんに行って歯の治療を受けますが、日本では歯医者に行く目的は治療が多数を占めているといわれています。川越市でも同様に、歯医者さんに行く人の多くが歯が痛かったり、歯茎が晴れたりするなどの症状を対策してもらうために行っています。しかし、この点を欧米と比較すると、欧米ではこうした症状にならないようにデンティストにかかる人が多いといわれ、この点は日本との大きな違いになっています。

こんなことが目指されている

自分の歯で噛んで食べる食事はとてもおいしいといわれていますし、いつまでも健康な歯でいたいものでもあります。川越の歯医者では80歳までに20本の歯を残す運動が昨今注目されており、自分の歯で食べ物をいつまでも噛めるように歯をケアすることが推奨されています。

魅力的な取り組みがある

川越の歯医者では、歯の痛みなどの症状がある人だけでなく、こうした症状を予防したいという人のための診療も行われています。予防歯科といわれる分野では、歯の疾患を予防するために歯をきれいに保つための診療が注目度が高いです。

選択肢が多くある

いつまでもきれいな歯でいられると、笑顔にも自信が出てきますし、お口の健康だけでなく全身の健康という点でも大切です。川越の歯医者では患者さんが長く自身の歯で噛むことができるようにさまざまな診療の選択肢が提供されています。

広告募集中